バイリンガル教育からくるメリットは?!



→6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?


バイリンガル教育を考えているご家庭には、どんな未来が見えていますか?
様々な外国人と楽しそうに過ごしているわが子の未来を考えたりしていませんか?

ですが、日本の学校での教育はまだまだ頼りない。

だったら自分たちで学んでいこう!とは思うけど、
お金はかかるし、メリットはあるの?と不安にもなりますよね。

そんなバイリンガルを目指すご家庭へ、
「バイリンガル、目指して良かった!」ストーリー、ご紹介しますね!

メリットだらけ!夢は世界へつながるバイリンガル

メリット1:外国への関心
母国語とは違う言語を学ぶことにより、外国の文化に興味を持ちます。
興味を持つと、もっともっと話したくなりますよね!

メリット2:発音が良くなる
 知りたいこと、伝えたいことが増えれば、聞いて・話して繰り返し、
発音が良くなっていきます。自分の言葉が通じるのは言語問わず嬉しくなりますよね!

メリット3:お友達が増える
 日本に限らず、世界にお友達が増えていきます。
 国際色豊かなお友達関係は一番望むことではないでしょうか。

メリット4:子供とともに大人も成長
      子供がキラキラした夢に向かっていく姿を応援したいと思うのが親です。
      応援には自分も努力が必要です。子供と一緒に親もレベルアップしていきます。 

素敵なメリットが沢山のバイリンガル教育ですねぇ〜。

精神的なものですが、バイリンガルになるという事は、
異文化への対応が柔軟になるという事なんです。
外国や外国人への偏見が無くなり、
どんな人にも対等な人間に成長するのではないでしょうか。

バイリンガル教育はデメリットもメリットになる

どんなことにも、デメリットはあります。
バイリンガルも例外ではありません。というよりも、デメリットを強く推す声が多くもあります。

ですが学ぶという事は、どんな内容でも大切なものです。
親が望むような結果にならなかったとしても、学んだという記憶は残るものです。

デメリットを知ることによって、結果がどうなっても「想定内」と言えるように、
大人がしっかりサポートしていく事が大切ですね!

6歳までの幼児教育で学力が決まる

6歳までの幼児教育がその後の学力を決めることをご存知ですか?

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

この調査では、6歳の時点ですでに学力差があり、その後も学力差は縮まらないことが判明しています。



子どもを賢くする幼児教室リスト

1位 平均IQ140のベビーパーク







2位 キッズアカデミー







3位 月刊ポピー



家庭学習なら、月980円でできる【月刊ポピー】が断然おすすめです。

無駄な付録がなく、本当に必要なプリントのみの教材で、教科書に沿った内容なので小学生の先取りもできます。



このページの先頭へ