玉村町立第一保育所(群馬県)に通う口コミ



→6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?


通わせている(いた)保育園幼稚園を教えてください。

名前:玉村町立第一保育所
住所:群馬県佐波郡玉村町大字下新田176
電話番号:0270-65-2565
サイト:https://www.town.tamamura.lg.jp/soshiki/19/

玉村町立第一保育所を選んだ理由を教えてください。

選んだ理由は、自宅から一番近く、通園しやすかったことです。
本当は保育内容にこだわりがある私立園を希望したのですが、抽選で漏れてしまったため、第3希望であったこちらの保育所に決まりました。

現在も通わせていますが、特に不満もなく、結果的には良かったと思います。

玉村町立第一保育所の毎月の保育料を教えてください。

19,800円

玉村町立第一保育所での英語教育の内容を教えてください。

ネイティブスピーカーの有無:有
英語を教える頻度:月1回
内容:英語を使ったゲームや歌、読み聞かせなど

お家ではどのように英語に触れさせていましたか?

日常的に触れさせることは特にしていません。しいて言うなら、NHK Eテレの「英語であそぼ!」を毎日見ている程度です。
親戚に国際結婚をした人が何人かいるので、その家族が来日した際には遊びに行き、積極的に交流させるようにしています。

玉村町立第一保育所の口コミをお聞かせ下さい。

公立保育所ですが、英語だけでなく農業体験や食育、地域の方たちとの交流など、様々な体験プログラムが用意されているので、大変満足しています。

反対に小規模の私立園などはバスが無い等の理由で遠足も無かったりするそうなので、自治体の協力が得られやすいという面で公立園のメリットを感じています。
役場のバスに乗って遠方まで行く遠足や所外保育は、子どもたちも大変楽しみにしているようです。

マンモス園のため、たくさんのお友だちと触れ合うことができるのも魅力です。
先生の人数も多いため、園児が多いから目が行き届かないということもなく、大変よく見ていてくださっています。
看護師さんも常駐していて、何か有った時は安心ですし、相談等にも乗ってもらえます。

親が参加する行事も少なく、平日に園に行くのは年2回の保育参観のみ。
遠足に同行する必要もなく、運動会や発表会等の行事はすべて土曜日に行われるので、働く親にとっては大変ありがたいです。
保護者会の役員などになれば、月1回程度集まりがあるようですが、園児の人数が多いので、必ず役員を経験しなければいけない、ということもありません。

給食も園内の料理場で作っているので、毎朝登園すると、美味しそうな香りがしてきます。
献立表を見ても、地元食材を使ったメニューが多く、毎日季節のフルーツも付くので、栄養バランスも良いと思います。
ただ遠足や行事等で必ずお菓子が配られるのですが、市販のグミやスナック菓子・チョコ菓子が多いので、子どもの食にこだわりがある人にとっては、少し気になるところかもしれません。

子どもも毎日楽しく通っているようで、大変満足しています。

6歳までの幼児教育で学力が決まる

6歳までの幼児教育がその後の学力を決めることをご存知ですか?

2004年ノーベル経済学賞受賞ヘックマンの研究により、40年追跡調査した結果、6歳までに親がどれだけ教育に力をいれたかによってその後の学力・進路・年収が決まると発表されています。

この調査では、6歳の時点ですでに学力差があり、その後も学力差は縮まらないことが判明しています。



子どもを賢くする幼児教室リスト

1位 平均IQ140のベビーパーク







2位 キッズアカデミー







3位 月刊ポピー



家庭学習なら、月980円でできる【月刊ポピー】が断然おすすめです。

無駄な付録がなく、本当に必要なプリントのみの教材で、教科書に沿った内容なので小学生の先取りもできます。



このページの先頭へ